リバティプロフィール画像

リバティリバティ

初めまして!リバティです。


ご覧いただき、ありがとうございます(^^)


私の事を知っている方は少ないと思いますので、当記事で簡単な自己紹介をしていきます!


年齢は36歳で、新潟の田舎町に住んでいます。




写真を見てもらえばわかると思いますが、家より田んぼの数が多い地域です(^^;)


日中は会社に務めながら、夜や休日にネットビジネスに取り組む毎日を過ごしております。


社会人になってすぐ大きな挫折を経験し、「この挫折を乗り越えたい」と強く望んだ事がきっかけで、自己啓発を取り組み始めました。


取り組みは10年を超え、自己啓発に関するアドバイスができるまで、知識と経験を持てるようになったのです。


今でこそ多くの事を学び、自分と異なる価値観に触発されて新しい挑戦をしていますが、過去の私は自分から動く事を一切しませんでした。


こだわりやプライドが邪魔して、「自分から行動するのヤダなぁ~」と考えている、めんどくさいタイプだったのです(;^ω^)


そんな私が、どのような経緯で考え方や行動が変わり、当ブログを立ち上げるに至ったかを当記事ではお伝えしていきます。


以前の私は、劣等感や思い込みによって「心の壁」を作り上げてしまい、自ら選択肢を狭めて苦しむ日々を過ごしていました。


当時の私のように「心の壁」で苦しんでいるあなたに、是非とも読んでほしい記事になっておりますので、最後まで読んでいただけると幸いですm(__)m

コンプレックスに苦しんだ学生時代



学生時代の私は、目立たない男の子でした。


物事を深く考えるのが好きなので学力はそれなりでしたが、運動が苦手であまり活動的ではなかったため、当時を知る人からは大人しい子だったとよく言われます。


また、内向的な性格が影響して周囲に自己主張が思うようにできず、自分に自信を持つ事ができませんでした。


私が中学生の頃は、運動が得意な人は一目置かれていて、「スゴイやつ」というブランドが確立していたので羨ましかったですね(;^ω^)


特に、同年代の男子はサッカーのレベルがもの凄い高く、主力選手は女子達の憧れの的だったので、そんな様子を横目で見ていた私は嫉妬心をこじらせてしまい、自分自身にコンプレックスを感じていました。


それ以外にも、こんなコンプレックスを抱えていたのです。


・とにかく人とコミュニケーションをとりたくないため、接客のないバイトばかり探す
・自分もスポーツをしたいが、実力不足から目をそらしたいのでスポーツが嫌いとごまかす
・本心では恋愛をしたいが、人づきあいが苦手で振られたくないというプライドが邪魔して積極的になれない



この他にも、些細なこだわりやプライドからつくりあげたコンプレックスを抱えており、自分で勝手にこじらせていました。


自ら行動し、人間的に成長していく同級生たちを見て本心では「羨ましいなぁ」と思っていましたが、こだわりやプライドが邪魔をして自分から変わろうと思う事は一切なかったです。


学生時代は責任を背負う機会が少ないので、このような考え方で問題は起きません。


リバティリバティ

しかし社会に出てから、問題が徐々に表面化していきます。

精神的に未熟なまま社会人となり暗黒時代突入



専門学校を卒業後、自動車業界に就職します。


競争が激しい業界なので業務量が多く、必然的に長時間労働になる過酷な環境でした。


朝7:00時過ぎに家を出て、帰りは日付が変わる時間が当たり前という、過酷な毎日を過ごします。


運動していなかったので体力もなく、日々の業務についていくのがやっとで、当時はかなりキツかったですね(;^ω^)


そのうえ、学生時代には問題にならなかった精神的な未熟さが、社会では人間関係が上手くいかないというかたちで、私の前に壁となって立ちふさがります。


当時の自分は考えが甘く、成長する事よりも、


リバティリバティ

もっと楽な職場ないかな~


と逃げる事ばかり考えてたのです。


しかし、就職直前に父親が仕事を失って経済的に苦しい状況でしたので、勢いで辞める事ができず嫌々仕事を続けていました。


そのような状況で我慢してきましたが、長時間労働と人間関係のストレスで体調を崩し、休職。


リーマンショックと東日本大震災の影響を受け、会社の業績が急激に悪化した事で自分は完全にお荷物となり、徐々に居場所がなくなっていきました。


私の存在がよほど邪魔だったのか給料泥棒と罵られ、パワハラ・モラハラまがいの仕打ちを受けた事もあります。




リバティリバティ

正直、当時の事はあまり思い出したくありません(;^ω^)


リストラこそされませんでしたが、追い出されるような流れで、違う営業所へ異動が決まります。


当時はとにかく悔しくて、


リバティリバティ

自分はなんて無力なんだ。何もできないなんて情けない!


という気持ちで押しつぶされそうになり、孤独を深めていきました。


リバティリバティ

もうこの仕事辞めようかな。
こんな状況の自分に、転職先はあるのだろうか?


こんな事を一日中考えていたところ、ある強い感情が心の底から湧き上がってきました。


リバティリバティ

まだ何も達成していない。このまま終わるなんて納得いかない!


リバティリバティ

どうせ後はない。出せる力を全て出し何か1つでも変える事が出来たら、新しい環境に飛び込んでやり直そう!


この強烈な感情に突き動かされ、自分の力で現状を打破すべく、自己啓発に取り組み始めます。

自己啓発に取り組み人生に一筋の光が見えた



自己啓発を取り組み始めた時は孤立状態で、相談相手がいなかったため何から手をつけて良いのか分かりませんでした。


とりあえず読書から始めようと思い、手当たり次第に本を読み進めましたが変化を実感できません。


ですが、ここで諦めたくなかったので運動や瞑想なども取り入れ、独学で自己啓発を続けました。


すると、次第に価値観が変わっていき、徐々に自分を取り巻く環境も変化していきます。


新しい配属先では人間関係に苦しむ事はなくなり、精神的なストレスから解放されただけでなく、上司に働きぶりを認められてリーダーを任されます。




大きな環境の変化と初めての経験に戸惑い、凄くプレッシャーを感じましたが、


リバティリバティ

これはチャンスなんじゃないか?


はっきりした理由は説明できませんが、そう感じた私はがむしゃらに行動を続けました。


その結果、私がいた営業所は過去の売り上げを次々と更新し、メーカーが独自に調査・集計をしているお客様満足度が、全国の営業所の中で1位を獲得!!


営業所がメーカーから直接表彰されるという、貴重な経験をする事ができました!


こちらの画像はその時のボーナス明細ですが、手取り42万円も支給されるほど営業所は成長を遂げたのです。




地方のボーナス相場は1.5ヶ月前後が平均ですので、自分もチームの成長に貢献できた事は、今でも誇りに思っています。


当時の私は、不思議な感覚の中にいました。


リバティリバティ

自分で目標を持って一生懸命行動を続けることで、こんなにも環境が変わるなんて。


私は大きな達成感と、今まで感じた事がなかった「自信」を身につける事ができたのです。

自己啓発とは人生の可能性を広げる事



このような経験から、私は正しく自己啓発に取り組めば自分を大きく成長させ、周囲の環境も変えていけると確信しています。


しかし、世間では自己啓発は怪しいもの、役に立たないという意見を持つ人がいるのも事実。


実際、前述した私の経歴を見て、


サラリーマン?

運が良かっただけでは?


サラリーマン困る

周りが優秀なだけでしょう。


と考える方々もいらっしゃると思います。


過去の私もそのように考えていたので、その気持ちはよく分かります。


しかし、自己啓発を真剣に取り組んで大きな変化を引き出せた私は、初めて自分の人生に希望を持つ事ができました。


リバティリバティ

特に大きな恩恵は、過去の劣等感を乗り越え、自分に自信が持てるようになった事ですね。


なので、積極的に自己啓発を取り組んで「心の壁」を乗り越え、自分に自信を持てるようになる人がもっと増えてほしい。


私は、自己啓発を「人生の可能性を広げる事」だと捉えています。


自己啓発の本質は学ぶ事で知見や自信が深まり、新しい挑戦をしたり、異なる考え方を受け入れて、今まで出来なかった判断や決断をすることができる。


その結果、あなた自身の価値観で生きていけるようになり、あなただけの自由(Liberty=リバティ)を作り出せることなのです。


自由を意味するリバティには、「様々な闘い・運動を通じて手に入れた自由」の意味合いがあり、「自分の行動で自由を作り出していく」という私の理念に合致していたので、当ブログで名乗っています。


リバティリバティ

そうです!「リバティ」は私の理念であり、何としても実現したい理想なのです。


過去の私と同じ悩みを抱えている人に、自己啓発の本質と素晴らしさを伝え、人生を前向きに変えてほしいとの気持ちが強くなっていったため、ブログの立ち上げを決意します。

自己啓発で悩みを抱える人のためにブログ立ち上げを決意!



私は、多くの先人達の知識や経験、考え方を学ぶ事で成長できました。


しかし前述したように、相談できる相手が周囲にいなかったため、一人悩んだ時期を経験しています。


リバティリバティ

もしかしたら私だけではなく、一人で悩み続けている人がいるかもしれない。


そう考えた私は今までの知識や経験、自分の考え方を発信する事で、あなたの成長に貢献できるのではと考え、このブログの立ち上げを決意しました。


リバティリバティ

あなたにも、「この人の考え方や生き方を実現したい!」と憧れ、目標にしている人がいるはず。


リバティリバティ

「今日はどんな事を言っているだろうか?」と、SNSでインフルエンサーの発信を追いかけ、成長しようと人一倍努力しているのではないでしょうか。


それはあなたの、「もっと自分を成長させるために学びたい!」という、強い気持ちから出てきた行動です。


今の自分と理想がかけ離れているから人には堂々と言えない、と萎縮する必要はありません。


自らを成長させたい、高めたいという欲求は、あらゆる人が持っている願望だからです。


あなたが今、少しでも


「自分を成長させたい!」


「自分から変わりたい!」


と考えているのであれば、その気持ちを素直に受け入れ、できる事から少しずつ取り組んでいきましょう。


失敗ばかり経験しても、自分には才能がないと卑下して落ち込む必要はまったくありません。


あなたは才能がないのではなく、未来の可能性を広げる知識や情報をまだ知らないだけなのです。


なので、人生の可能性を広げるためにも、自己啓発という選択肢を持ってください。


きっかけさえ見つければ、人生を大きく変えていけます。


私もあなたのサポートができるよう、劣等感や思い込みから作られた「心の壁」を乗り越えるきっかけが見つけられ、人生の可能性を広げていけるブログに育てていきます。


何から取り組んでいいかわからない、思うような結果が出なくて悩んでいる人は、ぜひ当ブログを役立ててください。

当ブログで発信している情報



では最後に、当ブログで発信する情報についてお伝えします。


当ブログでは、以下の3つの情報に関する記事を執筆していきます。


1.自己啓発につながる情報やノウハウをまとめた記事
2.自己啓発の情報発信者を考察した記事
3.自己啓発の教材をレビューした記事



まず1つ目の「自己啓発につながる情報やノウハウをまとめた記事」は、分かりにくい情報や既に浸透しているノウハウを、私の経験やリサーチして得られた口コミなどをもとに、分かりやすく体系的にまとめていきます。


知って終わりではなく、明確な理論のもとに実践しやすい記事に仕上げていきますね。


リバティリバティ

「心の壁」を乗り越えるきっかけとして活用してください。


2つ目の「自己啓発の情報発信者を考察した記事」は、自己啓発に関する情報発信者を深く考察し、客観的な判断ができるよう記事としてまとめていきます。


もちろん、私が運営しているブログなので、個人的な意見や感想がある程度含まれておりますが、世の中の意見に偏りがないかしっかりチェックいたします。


表面的な情報に振り回されるのを防ぐための、1つの情報源として役立てていただければ幸いです。


リバティリバティ

裏側をどんどん探っていきます。


最後の3つ目は「自己啓発の教材をレビューした記事」です。


成長意欲が高まっていくと、直接発信者から学びたくなるはず。


しかし、自己啓発の教材に関する情報源は少ないため、何を信じて購入に踏み切れば良いのか分からず迷いますよね。


リバティリバティ

価格が10万以上する教材もあるので、情報を持たないまま購入に踏み切るのはかなり勇気が必要(;^ω^)


そんなあなたの悩みを解決すべく、私が教材の内容をレビューして、あなたのニーズに合致しているか判断できるよう、分かりやすく記事としてまとめていきます。


おすすめできないと感じた理由や、おすすめできると判断した理由をしっかりとお伝えしますね。


分からない点や気になる事がある場合は、こちらの無料問い合わせコーナーから質問していただければ相談に応じますので、興味・関心がある方はぜひ積極的に活用してください(*^^*)



リバティリバティ

当ブログでは、以上3つの情報を発信していきますので、あなたの自己啓発に役立てていただければ幸いですm(__)m


過去の私が劣等感などの「心の壁」を自己啓発で乗り越えられたのは、「きっかけ」を見つける事ができたからです


あなたにとって本当に必要なのは、才能ではなく「きっかけ」となる知識や情報なのです。


ぜひ自己啓発という選択肢を手にしていただき、私と一緒に「人生の可能性」を見つけていきましょう。

ここまで読み進めてくれたあなたに伝えたい事がある

当記事をここまで読み進めていただき、本当にありがとうございます。


どこの誰かも知らない私のプロフィールを、真剣に読んでくれたという事は、あなたも今私と同じ悩みを抱えているのかもしれませんね。


誰にも相談できず、ただ時間が過ぎていくだけの毎日のつらさは私も経験しているので、あなたの気持ちはすごく分かります。


そんなあなたの後押しができればと思い、当記事では詳細をお伝えしていない事を別の記事でまとめました。


この記事は、給料泥棒と言われた転勤直後のつらいどん底を、自己啓発で乗り越えた時のお話です。


当記事は、プロフィールに関する内容なので詳しくお伝えしていませんが、ここまで読み進めてくれたあなたにぜひシェアしたい。


今の状況とリンクしてつらい気持ちになるかもしれませんが、そんなあなただからこそ読んでほしい。



リバティリバティ

ぜひ最後まで読み進めていただき、人生との向き合い方を変えるきっかけにしていきましょう。


最後までお付き合いいただき、ありがとうございましたm(__)m


リバティでした(*^^*)