リバティリバティ

こんにちは、リバティです。


いじめ、リストラ、終身雇用制度の崩壊。


不安を感じさせるニュースばかり見ていると、自分も将来大丈夫だろうかと心配になっていきますよね?


特に、親の介護が現実味を増してくる40~50代の方ほど、このような悩みを抱えているはずなので、「お金を引き寄せたい」と願ってしまうのも無理はありません。





そんな悩みを解決できそうなコンテンツはないかリサーチしたところ、”ある引き寄せの法則の教材”にたどり着きました。


今回は、松田豊氏の独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則を、徹底レビューしていきたいと思います。


独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則


特定商取引法に基づく表記

販売業者名 日本福祉工学有限会社
販売責任者 松田豊
所在地 東京都大田区北千束1-58-7 大岡山第一ビル202
電話番号 05054362522
お問い合わせはメールにて受け付けています。
メールアドレス(お問い合わせ用) master@@yutaka-products.com
アットマーク(@)を1つ削除してください(スパムメール対策のため)



松田さんの教材は、独りでゆるい成功者、小金持ちになるための引き寄せの法則と謳われていました。


労働を増やすのではなく、ネットを使って家にいながらビジネスでお金を生み出し、真の幸せを引き寄せるための教材とのこと。


レビューをしたうえでの結論ですが、個人的には正直おすすめしません。


その理由は、懸念点が3つあるからです。


レビューの詳細と感想、3つの懸念点については記事の中で後述していきますので、購入を迷われている方はぜひ当記事を最後まで読み進めてください。


第3者の視点を取り入れる事で、冷静に判断できるはずですよ(^^)


当記事でお伝えしている事
・独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則は、独りでお金を稼いで生きていきたい人専用の引き寄せ
・松田さんのコピーライティング力は良くも悪くも高い
・私がおすすめしないのはメソッドを具体的にイメージできなかったから



それでは、いってみましょう!

松田豊さんの独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則概要

独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則は、松田豊さんが10年以上実践している、引き寄せの法則の具体的な使い方が学べる自己啓発教材です。


「独りでネットとパソコンを使い富を生み出す」がテーマで、個人の力でお金を稼いで生きていきたい人専用の引き寄せの法則との事。


年収1億の大金を手に入れたり、何でもできるトップ人材になる教材ではなく、競争を頑張らないストレス知らずの小金持ちになる引き寄せが学べると、販売ページでは謳われていました。

教材の価格と内容

価格 30,000円
教材内容 動画 44項目(独りで願望を引き寄せるコツ11選、セミナー動画)
音声 30項目(繰り返し聞く事で潜在意識に刷り込むコンテンツ)

松田豊さんは何者?



画像引用元:独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則公式販売ページ


教材を丸裸にする前に、松田豊さんはどんな人なのかを解説していきますね。


松田豊さんは、ネットビジネスで独立した起業家です。


起業家としての経歴は、16年以上とかなりの長さ。


顔や名前を出さない、匿名の発信戦略が専門との事。


代理店の運営をしながら様々な理由から外で働けない人、独りで働きたい人のサポートや、起業・副業のコンサルティングも取り組んでいます。

ブログやSNSでも情報を発信

松田さんは、ブログやSNSでも発信をしていました。

公式ブログ https://yutaka-matsuda.com/
Twitter https://twitter.com/ytk_matsuda
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCSwDbRA8qZ4at9oxxXc-lGg
Instagram https://www.instagram.com/lovechronicles01/



リサーチを進めたところ、現在は本名の松田豊ではなく、松田悠玄(まつだゆうげん)というビジネスネームで活動しているようです。


改名した理由は、検索すると他の松田豊さんと被ってしまうため、独自の名前が必要になったから。


松田豊という名前はそれなりに多いようで、ネットで検索すると、他業種の方が検索結果に出ています


中には書籍を出されている方もおられるようです


そのような方々と被らないようにする、という意図があります


また、現在まだ若い松田豊さんもおられるようで、SNSなどでも配信されている方もいます


若い世代がSNSやブログ、各種配信をしてしまうと、私の名前をかぶってしまう配信者も出てくることが予想されます


ですから、私独自の名称が必要になった、という理由です


引用元:https://yutaka-matsuda.com/archives/15324



ネットビジネスで成果を出すには、検索結果で上位表示されなければいけないという条件があります。


私もWEBマーケティングに取り組んでいるので分かりますが、上位表示されない記事は全然読まれない(;^ω^)


読まれないという事は、ビジネスで収益を上げるために一番大切な、『お客様』との接点を作れません。


そのため、同じ名前の発信者との競合を避ける必要があり、改名に踏み切ったのでした。


松田悠玄という名前で、発信しているサイトはこちらになります。

松田悠玄公式ブログ(アメブロ) https://ameblo.jp/love-chronicles/
松田悠玄引き寄せブログ https://mind-set.net/

独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則をレビューした率直な感想

独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則をレビューした率直な感想ですが、何とも言えないモヤモヤした気持ちになりました。

不安になってしまう販売ページの内容

まず気になったのが、販売ページの広告文がすごく不安になってしまう内容だなと感じた事です。


あ、ネガティブだから信用できないという意味ではないですよ。


読者の潜在的な不安や不満を先回りして言語化するのは、乗り越えるべき問題を再認識していくために必要な事なので。


実際、私もメルマガのページで電通やトヨタの社長の発言など、不安を感じるニュースを事例としてお伝えしています。


不安を感じてしまうかもしれませんが、乗り越えていかなければならない現実でもありますので、あえて取り上げました。


どんな内容か気になる方は、こちらをご覧くださいm(__)m



私がモヤっとした理由は、不安を感じさせる内容が多過ぎて、教材で幸せを実現していくイメージがわかなかった点なのです。


他の教材もレビューしているのですが、販売ページの内容は大体こんな感じでした。


・教材のキャッチコピー
・読者の悩みや不安・望みに対して教材を提案
・販売者と教材の説明
・販売者の失敗談と立ち直る過程
・教材を学んで実現できる事
・口コミやQ&A



リバティリバティ

特に、人気が高い教材ほど上記の流れになっています。


ただ不安を感じさせるのではなく、読者の悩みに対して何が学べてどんな効果を得られるかがきちんと説明されたうえで、教材が提案されているのですね。


そのため、どんな悩みや不安を解決できるか、どんな未来が実現できるかが具体的にイメージでき、前向きな気持ちになれたのを今でも覚えています。


一方、独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則の販売ページは、こんな構成でした。


・キャッチコピーと読者への提案
・松田さんの自己紹介
・世の中の問題点を列挙(かなりリアル)
・ファンから寄せられた悩み相談の紹介
・今後の社会変化から予想される不安なニュース
・引き寄せの法則を解説
・教材で実現できる事
・教材の内容を説明
・松田さんのメッセージ



リバティリバティ

結構ヘビーな内容なので、読んでいて気持ちが落ち込んでしまった(;^ω^)
お先真っ暗過ぎるだろと。


リストラ、企業の淘汰、いじめ、衰退などのキーワードが度々出てくるので、読むとどんどんネガティブな気持ちになっていく。


広告文の半分以上が、不安な気持ちを強く感じさせる内容だからだと思います。


そのうえ、スピリチュアルな内容も含まれていたので、そっち系に苦手意識がある私としては、広告文から前向きな未来をイメージできませんでした。


せめて、最後くらいは暗い話題を切り換えて、ポジティブな言葉で提案をしてほしかった。


提案されたというより、世の中に対する松田さんの意見を終始聞いているような感覚を味わい、モヤっとした気持ちがぬぐえませんでした。

発信内容も気がかりな点あり

とは言え、広告文だけでは松田さんの真意を確かめられないと感じたため、ブログやSNSの発信内容もリサーチ。


すると、「ん?」と感じる内容を発見。


こちらのツイートです。





高齢ながら働く人を取り上げたニュース記事を引用し、働き続ける必要がない仕組みの必要性を訴えています。


引用記事はこちら↓↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/be8e4d497dc6b6e780b123f6bea361dc1a0899a9


引用元となったニュース記事をチェックしてみましたが、松田さんがおっしゃるような意図があるとは思えませんでした。


こんな生き方や、考え方もあるんだなと感じた程度です。


確かに、高齢者が働き続けなくていい環境作りは必要だと思います。


また、偏った表現で読者を誘導し、自分だけ利益を得ている悪徳発信者が存在しているのも事実。


リバティリバティ

それこそ、洗脳をするかのように。


ですが、元ネタの記事にはそのような表現はされていないので、ちょっと気になる発言だなと感じました。


前のめりな発信じゃないかなと、心配になったほど。


販売ページの内容もそうですが、松田さんの文章はリアリティがものすごくあるので、読み進めていくとすごく気持ちが動かされていきます。


特に、ネガティブな文章はインパクトが強烈で、私はどんどん気持ちが落ち込んでいきました。


なので、読み手の精神状態によっては、あまりいい影響を与えないのではと不安です。


逆の見方をすれば、文章だけでこんなに人の感情を動かせるという事は、コピーライティングの技術がかなり高いとも見れる。


そのため、松田さんの発信する情報は、客観的な視点を持ちながら追っていく必要がありそうですね。

独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則に抱いた3つの懸念点

冒頭でもお伝えしましたが、私は独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則をおすすめしません。


レビューした結果、3つの懸念点を抱いたからです。


・教材の具体的な説明がほとんどない
・努力は必要ないと誤解を与えてしまう
・ネットビジネスも学ぶ必要あり!



なぜ、私が懸念しているのか、理由をお伝えしますね。

教材の具体的な説明がほとんどない

まず1つ目は、教材の具体的な説明がほとんどない点に、懸念を抱いています。


販売ページを読んでいくと、教材に関する具体的な説明は最後でしかされていません。


その説明も『コツ11選』という大雑把な内容で、どんなことを学べるかイメージするのが難しい。




引用元:独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則公式販売ページ


情報コンテンツの性質上、秘匿性を保つという理由から、内容を詳しく知れないのは仕方がない。


ですが、どんな情報をもとにノウハウが作られたのか、何が学べるかなどを解説してもらえないと、教材の中身がイメージできません。


正直、どんなことが学べるか推測できない状態で、信用するのは難しい。


リバティリバティ

例えば、心理学や脳科学、自分や相談者が悩みを解決できた理由や共通点などのように、イメージできる情報が欲しかった。


私が懸念しているのはスピリチュアルに偏り過ぎて、行動に落とし込める具体的なノウハウがないのではないかという点です。


なぜそう思ったかというと、松田さんの発信内容をリサーチしたところ、「マインドセット」という言葉を繰り返し伝えていました。





そのため、精神論的な情報だけで構成され、一部の人しか理解できないのではないかと心配しています。


どんな教材でもそうですが、「マインドセット」「具体的なノウハウ」どちらか一方に偏るのではなく、両立できる内容じゃないと理解を深められません。


リバティリバティ

原理原則や仕組みを理解できないので、再現性が高いと言えないからです。


特に、引き寄せの法則は潜在意識や心理面の理解が必須なので、仕組みが詳しく説明されていなかった場合、何ができて何ができていないのか自分でも分からなくなります。


そうなってしまうと、残念ながら引き寄せ難民に陥る可能性が高くなってしまう。


具体的なノウハウの説明が少ないのは、マインドに偏っているからではないかと懸念しています。

努力は必要ないと誤解を与えてしまう

2つ目の懸念点は、努力は必要ないと誤解を与えてしまうのではないかという点です。


引き寄せの法則によくある謳い文句に、「頑張らなくていい」「無理をしない」などの言葉多く使われていますよね。


本質的にはズレていません。


でも、この表現が強調されると、努力はしなくて良いと勘違いしてしまう人が後を絶たない。


リバティリバティ

人間、苦しむより楽な方が良いですから。


なので、広告文で勘違いしやすい言葉が多用されているコンテンツは、注意深くリサーチする必要があるのです。


残念ながら、松田さんの教材の販売ページでも、努力は必要ないと誤解を与えかねない表現がされていました。




ネットとパソコンだけで独りで稼ぐ、という分野では
根性や気合があれば成功するという分野ではなく


逆なんです


なまける、
嫌なことをやらない
楽をする
工夫をする


事が大事になってきます。


引用元:独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則公式販売ページ





楽をすることを恐れてはいけません。


楽をすることを頑張りましょう。
頑張らないことを頑張りましょう。
根性に頼らないことを努力して身につけましょう。


引用元:独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則公式販売ページ



松田さんは、コピーライティングのスキルがかなり高いので、広告文の表現だと勘違いする人がいるのではないかと懸念しています。


販売ページを注意深く読んでいくと、努力と行動の必要性を松田さんは認めているのです。




ただ、努力、根性が全く必要ではない、と言っているわけではありません。
あなたが従業員が長いのであれば、「考えるな!手を動かせ!」と言われているかもしれません。


大事なことは、肉体労働や、工場のライン作業などで必要な努力や根性ではありません。


努力や根性にも種類や質があります。


使いどころを間違ってはいけません。


引用元:独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則公式販売ページ





引き寄せの法則は、紙に願望を書き出して
ぼけ~~っとしていれば口座に大金が入金されたり
ステキな異性が現れるといったものではございません。


具体的な「行動」が必要です。


引用元:独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則公式販売ページ



リバティリバティ

努力や行動が必要ないのではなく、方向性を変えるのが正しい意味ですね。


なので本質がしっかり伝わらなくて、誤解して買った人が「こんなはずじゃなかった!」と、後悔するのではないかと懸念しています。

ネットビジネスも学ぶ必要あり!

最後は、独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則で成功するには、ネットビジネスを学ぶ必要があります。


というか、必須条件。


販売ページでも、当教材のテーマは「独りでネットとパソコンで富を生み出す」と説明されていますね。




この教材は「独りでネットとパソコンを使い富を生み出す」というところにフォーカスされています。


そのためには、個人でも、組織と同じくらいの力を持たなければなりません。
そのために、引き寄せの法則、スピリチュアルの知識と経験、そして行動が必要なのです。


引用元:独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則公式販売ページ



リバティリバティ

つまり引き寄せの法則だけでなく、ネットビジネスも取り組んでいかないと、当教材の効果は引き出せないのです。


まあ、松田さん自身がネットビジネスで独立を果たしているので、同じ成功を再現するには必須条件になるのは当然と言えば当然。


なので、ネットビジネスはやりたくない、違う方法で引き寄せを実現したいという人向けの教材ではありません。


そのため、当教材だけでなく、ネットビジネスの教材にも出費する必要がある。


組織に頼らず、個人でも稼げる力を身につける事が、松田さん流の引き寄せの法則だからです。


ちなみに、松田さんが提供しているビジネスの教材はこちら↓↓




画像引用元:インフォトップ

ライトコピーライター入門講座 10,000円
マインドチェンジプログラム 23,000円
スタートアップ・シークレット 30,000円



合計で、63,000円の追加投資が必要です。


もしあなたに、ネットビジネスを取り組む意思がないのであれば、松田さん流の引き寄せの法則は再現できません。


リバティリバティ

当教材は、独りでネットとパソコンを使って富を生み出すための、引き寄せの法則なのですから。


以上の3つの理由から、私はおすすめしない事を決めました。

何を選べばいいのか分からない人へ

今回は、松田豊さんの教材、独りで無から富を創造したい方専用の引き寄せの法則を徹底レビューしてきました。


前述したように、私は以下の3つの懸念点を理由に、おすすめしないという立場をとらせていただきます。


リバティの懸念点3つ
・教材の具体的な説明がほとんどない
・努力は必要ないと誤解を与えてしまう
・ネットビジネスも学ぶ必要あり!



正直なところ、メソッドに関する具体的な説明を、販売ページ内でもっと詳しくしてほしいなあと思いました。


リバティリバティ

具体的な説明がないと、自分でもできるかイメージがわきませんしね。


もし、それでも気になるという方は当記事を判断材料の1つとしたうえで、ご自身で判断していただければと思います。


その際は、必ず別の情報源も確認してくださいね。


他の教材が気になる、別の方法があったら知りたいという方は、こちらの「リバティのおすすめ!」をチェックしてください。



引き寄せの法則、潜在意識の仕組みや具体的な実践メソッドが、体系的に学べる教材を厳選しています。


記事やおすすめしている教材について質問があれば、こちらの無料相談コーナーを利用してくださいね(^^)



最後までお読みいただき、ありがとうございました。


リバティでした(*^^*)