リバティリバティ

こんにちは!リバティです。


今回は、炎の講演家・鴨頭嘉人(かもがしらよしひと)さんの経歴と評判をリサーチし、人気の理由を紐解いていくというテーマで執筆をしていきます。

公式ホームページ https://kamogashira.com/
Twitter https://twitter.com/kamohappy?ref_src=twsrc%5Etfw
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCq3Ct-r3-XbGxDiG7BGu2dQ
Instagram https://www.instagram.com/kamogashirayoshihito/
Facebook https://www.facebook.com/yoshihito.kamogashira/
TikTok https://www.tiktok.com/@kamogashira



鴨頭さんは、自己啓発がテーマの講演会や研修を年間330回以上開催しており、講演家としての認知度は日本で1番と言っても過言ではありません。


その人気ぶりは右肩上がりが続いており、講演料は現在300万円以上と破格の金額に高騰しております。


鴨頭嘉人 評判

引用元:https://kamogashira.com/request/


ここまで熱量が高まった理由が知りたいと思い、鴨頭さんの経歴と評判を徹底的にリサーチする事を決めました。


鴨頭さんが凄まじい人気を集めた背景を紐解きますので、ぜひ当記事を最後まで読み進め、鴨頭さんの認識を深めていきましょう。


当記事のポイント
・鴨頭さんはマクドナルドで挫折を乗り越え伝説を残していた
・鴨頭人気はすさまじい!でも一部にはネガティブな意見も・・・
・鴨頭さんの人気の理由は「あるキーワード」を世の中が求めているから



それでは、早速行ってみましょう!

鴨頭嘉人さんはどんな人?

鴨頭嘉人さんがどんな人なのか、紐解いていきましょう。


あまり詳しく知らない人は、自己啓発の講演家かユーチューバーという漠然とした印象だと思いますので、まず鴨頭さんが現在自ら名乗っている肩書を見ていきましょう。


【鴨頭嘉人 肩書】

YouTube講演家


株式会社東京カモガシラランド 代表取締役社長
株式会社鴨頭シーパラダイス 代表取締役社長
株式会社カモガシラ・スタジオ・ジャパン 代表取締役社長
株式会社鴨ピューロランド 代表取締役社長
特定非営利活動法人ハッピーマイレージ 代表理事


話し方の学校 学長/スピーチ研究家/スピーチコンサルタント
私は自分の仕事が大好き大賞 理事長
人間力大学 東京校 校長
練馬区倫理法人会 相談役
茶の湯 東京武士道会 リーダー


引用元:https://kamogashira.com/profile/



リバティリバティ

ものすごい数の肩書ですね(;^ω^)


現在4社の代表取締役社長と、1つの特定非営利活動法人(NPO)の代表理事を務めています。


その他にも教育関係の組織で役職を務めており、超多忙な毎日を過ごしている姿が目に浮かびます。

人材育成に情熱を注ぐが過去の性格は・・・



現在は主に話し方、リーダーシップ、マネジメントに関する講演や研修を手がけており、人材育成に情熱と力を注いでおられます。


鴨頭さんは、独立前に所属していた日本マクドナルドで伝説を残すほど優秀なマネージャーであり、その時身につけたノウハウが現在の活動の土台となっております。


そんなすごい実績を持つ鴨頭さんですが、過去の栄光に頼る事はせず、今でも成長のため学びに情熱を注いでおり、なんと年間800冊という膨大な読書に取り組んでいるようです(;^ω^)


鴨頭嘉人 どんな人

引用元:https://www.facebook.com/yoshihito.kamogashira/posts/2639288816087159/


非常に前向きな鴨頭さんですが、中学時代は警察官だった父親の転勤に伴い、3年ごとに各地を転々とした事が影響したのか、根暗で内向的な性格で「友達がいない人生」だったようです。


しかし、中・高校で所属していた野球部ではキャプテンを務めており、今治西高校野球部在籍時には補欠ながらキャプテンを務め、学校の歴史にその名を刻んでおります。


リバティリバティ

昔から、人を引き付ける魅力が備わっていたのかもしれません。

鴨頭嘉人さんの経歴

鴨頭嘉人の経歴は、日本マクドナルド伝説のマネージャーの名に恥じない実績を誇っていました。

マクドナルド時代の実績or伝説

鴨頭嘉人 経歴

引用元:https://www.facebook.com/yoshihito.kamogashira/posts/1995999143749466/


鴨頭さんは19歳で大学進学のため上京した際、アルバイトとして日本マクドナルド株式会社に入社しました。


ちなみに最終学歴は高卒で、当時通っていた大学は、マクドナルドの仕事に専念するために中退しているようです。


4年間のアルバイト時代を経て23歳の時に正社員となり、30歳の時に店長に昇進して伝説のマネージャーとして実績を残していきます。


公式ホームページで紹介されている実績だけでも、その凄さが伝わってきます。


マクドナルドでの主な業績


1996年:
店長昇進(山形県新店オープンで、1ヶ月間でアルバイトを8名から30名へ増員)


1998年:
お客様満足度全国1位、従業員満足度全国1位、セールス伸び率全国1位を獲得


1999年:
全国初のグループ運営店長就任(店長が4店舗を経営するテスト)


2000年:
藤田田社長プレゼン(ドライブスルー新システム導入により年間セールス伸び率+19%獲得)


2001年:
優秀店長獲得


2004年:
オペレーションコンサルタント就任(当時最年少)


2005年:
全国コンサルタント会議事例プレゼン(セールス獲得&従業員モーチベーションアップ)


2006年:
優秀オペレーションコンサルタント獲得(エリアマーケット伸び率全国1位)


2007年:
本社レストランサポート部マネージャーとして就任(全国店舗管理部)
米国プレジデントアワード(全世界のマクドナルドの優秀社員表彰)獲得しシカゴへ研修


2008年:
全社プロジェクトPerfectStaffingProject推進(アルバイトを年間8万人採用)
米国サークルオブエクセレンスアワード(全世界の優秀部門賞)獲得


2009年:
人事部ピープルディベロップメント部統括マネージャー就任(全国社員・アルバイト採用統括)
Voice of McDonald’s2010(14,678名参加)推進(世界戦出場1名、国内デビュー1名)


引用元:https://kamogashira.com/profile/



日本国内だけでなくアメリカでも表彰される実績を残しており、リーダーとして「超」がつくほど優秀である事がご理解いただけると思います。


独立後は日本マクドナルド時代の経験と実績を活かし、人材育成に情熱と力を注いでおり、知名度が高い有名企業に対して講演実績を持っています。


・NTTドコモ
・コスモ石油
・バーガーキング・ジャパン



日本マクドナルドの競争相手である、バーガーキング・ジャパンに講演をしている事から、鴨頭さんの人材育成の手腕はライバル会社が望むほど実践的なのではないかと推測できます。

最初は信頼されないリーダー



素晴らしい実績を持つ鴨頭さんですが、最初は信頼されないリーダーとして日々を過ごしていたようです。


アルバイト時代は休日の日も出勤するほど仕事に熱中しており、その熱血ぶりはマクドナルドの中でも有名だったようです。


・日本一のマックバカ
・マックの厨房で死ねたら本望



というような言葉を公言していた事から、その熱血ぶりがうかがえます。


無事正社員となり、30歳の時に店長に昇進しますが、当時の教育方法は自分のやり方を押し付けて悪い所を徹底的に指摘する「指摘魔」だったそうです。


しかし、従業員の悪い所を指摘し続けた結果、信頼を失う事に。


従業員とコミュニケーションが取れなくなってしまい、退職者も出てくるなどしたことから、鴨頭さんのリーダーとしての手腕に疑問を持った会社は、青森の店舗へ異動させます。


リバティリバティ

事実上の左遷ですね。


鴨頭さんは自分が当時日本一売り上げが悪い地域に左遷されたのだと思い込み、とても落ち込みました。

左遷に腐らず方針の転換を決意!



落ち込んでいた鴨頭さんですが、そこで腐らず方針を転換する事を決意します。


今まではマニュアルを意識して悪い所を指摘するスタイルでしたが、異動先では従業員1人1人と真剣に向き合いコミュニケーションを取り、意見を取り入れていくスタイルに転換しました。


「スタッフを信じる」と覚悟を決めた鴨頭さんの取り組みは徐々に実を結び、現場から様々な提案が出てくるようになり、店舗の売り上げも改善していきます。


そして2年後の32歳の時に、在籍していた店舗は日本マクドナルド3300店舗中、


・お客様満足度全国1位
・従業員満足度全国1位
・セールス伸び率全国1位



という素晴らしい成績を獲得する、最高の店舗に変革していきました。


その後も、赴任する店舗の全てで業績を改善・伸ばしていき、国内であらゆる表彰を受け、最終的にはアメリカでも表彰を受けています。


・米国プレジデントアワード(全世界のマクドナルドの優秀社員表彰)
・米国サークルオブエクセレンスアワード(全世界の優秀部門賞)



このように、世界でも認められる実績を残しているのです。

鴨頭嘉人さんの評判

凄い経歴を持つ鴨頭嘉人ですが、実際の評判はどのようなものでしょうか?


リサーチを進めていくと、鴨頭さんの人気の高さは想像をはるかに超えるものでした。

Twitterではかなりの数のファンが!



鴨頭さんの評判をリサーチしていくと、かなりの数のファンがいる事がはっきりと分かります。


特にTwitterでは多くのファンがおり、かなり高い熱量を感じ取る事ができます。






この他の投稿を見ていても、鴨頭さんから何らかの影響を受けている事がうかがい知れるため、凄まじい影響力を持っている事が分かります。


Twitterでファンを公言している人たちの多くはYouTubeの動画で鴨頭さんのファンになり、Twitterで学んだ事をアウトプットしたり、ファン同士でつながったりしているようです。


ファンの投稿に共通する意見の多くは、


・話が面白くて引き込まれていく
・鴨頭さんの熱量に影響を受けて積極的になれる
・メンタル面だけでなく実践的なスキルの話も聞けて人生が変わった



というような声が数多く挙げられており、人を引き付ける魅力にあふれた人物であることがうかがえます。


私もYouTubeの動画をいくつか視聴しましたが、パワフルでありながら具体例や過去の経験などを多彩に交えて、とても理論的に話していると感じ取れました。


リバティリバティ

勢いでごまかして盛り上げるというような場面は、ほとんどありません。


動画からは参加者も真剣に聞き入っている様子がうかがえ、リラックスしているというより緊張感が漂っているように見えます。


そんな空気を鴨頭さんが察してか、所々で場を和ませるために上手く会話を脱線させ、会場に笑いを起こしていることがアクセントとなり、最後まで飽きることなく視聴できると感じました。


この引き込まれるような話を聞いていると、年間800冊という膨大な読書から得た知識が、講演内容の元になっているというのが実感できます。

しかし一方でネガティブな反応も・・・



しかし一方で、このようなネガティブな反応があるのも事実です。




Twitter、YouTubeチャンネル共にかなりの数のフォローがあり、広告も多いので興味がなくても鴨頭さんに関する情報が入ってきて、勘弁してほしいという意見が多いです(;^ω^)


その他にも鴨頭さんに対する熱狂的なファンの様子を見て、怪しい宗教の信者やビジネスのコミュニティと重ね合わせて見てしまい、拒否反応を起こす人がいるようです。




また、相談役を務める倫理法人会が宗教団体なのではないかとの考えが、ネガティブな印象を与えているようです。


鴨頭嘉人さんは倫理法人会という宗教の団体?と関係があるのですか?


引用元:Yahoo!知恵袋



そのためか、鴨頭さんの影響力を利用して、アンチの心理をあおる情報が多いように感じました。


リバティリバティ

特にYouTubeで多く見られました。

倫理法人会とは?



引用元:https://www.rinri-jpn.or.jp/houjin/


相談役を務める倫理法人会とはどのような組織でしょうか?


名前だけ聞くと宗教のように聞こえますが、宗教法人ではなく一般社団法人の組織となります。


倫理法人会がどのような組織化かというと・・・


昭和55年にスタートした倫理法人会は、実行によって直ちに正しさが証明できる純粋倫理(くらしみち)を基底に、経営者の自己革新をはかり、心の経営をめざす人々のネットワークを拡げ、共尊共生の精神に則った健全な繁栄を実現し、地域社会の発展と美しい世界づくりに貢献することを目的とした団体です。


現在は全国719カ所(都内45カ所)で「企業に倫理を、職場に心を、家庭に愛を」をスローガンに、純粋倫理に根ざした倫理経営を学び、実践し、その輪を拡げる活動に取り組んでいます。


引用元:https://www.tokyo-rinri.net/info



要約すると、倫理(社会生活でのルール)を学んで実践し、企業、家庭、地域社会の発展に貢献する事を目的として活動している組織です。


日本だけではなく、アメリカや中国、ブラジルなど海外にも活動が広がっており、かなり大きな規模のネットワークを有しています。


創始者である丸山敏雄氏が、ひとのみち教団(現在はPL教団)という宗教団体に所属していた事と、体育会系のセミナー内容から宗教団体と重ね合わせ、怪しいというイメージを持つ人がいるようです。


どの単位会もやり方は同じで、開始のベルが鳴ると


・参加者全員で起立して大きな声で挨拶をする
・音楽に合わせて会の歌を歌う。
・倫理法人会の旗に向かって礼をする。
・万人幸福の栞という本をそれぞれが交互にあるいは一堂に朗読する


とまるで軍隊のような体育会系っぽい感じで、これって宗教団体じゃないの?という印象を私は強く受けました。


引用元:https://dream-diary.hatenablog.com/entry/2019/01/10/012630



リバティリバティ

内容に対しての好き・嫌いは、自己啓発と同じで個人差が出るようです。


ちなみに創始者の丸山敏雄氏は逮捕されて裁判を受けており、その過程で宗教のあり方に疑問を抱き、距離を置くようになったとWikipediaに記載されていますので、宗教団体とは異なるのではないかと思われます。


扶桑教の「ひとのみち教団」(現在のPL教団)に所属していた丸山敏雄は、天照大神や教育勅語の解釈をめぐり当局による弾圧を受け、1937年(昭和12年)4月、教団幹部として刑法の不敬罪(終戦後の1947年に不敬罪は廃止)により逮捕されるが、特定の神をたてることが排他・独善性につながるとして、裁判の過程で、宗教や教団のあり方に対して距離を置くようになっていった、としている。


引用元:Wikipedia

 

鴨頭嘉人さんの人気が凄い理由とは?

鴨頭嘉人さんの人気が凄い事は前述した通りですが、なぜブームになるほど人気が高まったのでしょうか?


理由を紐解いていくと、過去の経験の中にヒントがありました。

失敗から相手を認める事の大切さに気付く



鴨頭さんは過去に自分のやり方に固執して、従業員の信頼を失ってしまう失敗を経験しています。


その時は悪い点を指摘する「指摘魔」のスタイルでマネジメントをしており、従業員を信じる事ができなかったようです。


その結果、鴨頭さんは信頼を失い異動になりましたが、その経験から従業員を信じる事が大切だと気づいてマネジメントスタイルを180度転換し、素晴らしい実績を残せる様になりました。


多くの挫折や失敗を経験する中で、人を活かし行動してもらうには相手を認める事、すなわち「承認する事」が大切だと知ったのです。


リバティリバティ

そう、キーワードは「承認」です。


「承認」は鴨頭さんの人材育成のベースとなっており、こちらのYouTubeの動画内でも「承認」がなぜ重要なのかを深く解説されています。




引用元:https://www.youtube.com/watch?v=iLkPN0lGlTw


このように、過去の失敗から相手を「承認」する重要性に気がつき、自らの人材育成におけるノウハウのベースとしていく決意をした事で信頼を獲得していきました。

ビジネスの現場は人間関係で悩みを深めている



鴨頭さんにとって人材育成のテーマとなる「承認」が多くの人に支持され、受け入れられた理由として、ビジネスの現場が人間関係で悩みを深めている背景があります。


実際に厚生労働省の調査でも、人間関係が仕事における悩みの原因として高い数値を示していました。




引用元:厚生労働省 平成30年「労働安全衛生調査(実態調査)」の概況


調べてみると、10年近く前から人間関係は悩みの原因としてあげられおり、悩みの深さをうかがい知ることができます。




引用元:厚生労働省 平成24年 労働者健康状況調査 結果の概要


このように、現場のビジネスパーソンは人間関係に深い悩みを抱えており、閉塞感を持ちながら日々過ごしています。


人間関係で苦しみ、会社から認めてもらえる経験が少ないまま社会人経験が長くなったことで、


サラリーマン困る

自分はこのままでいいのだろうか?


と悩みを深めている人が、多いのではないかと思われます。


そんな中、鴨頭さんは「承認」を武器に結果を出し、多くの人材育成に携わった経験とノウハウを活かして講演家として独立しました。


人間関係で悩みを深めている人の「認めてほしい」というニーズと、効率化と競争の激化から人材育成にうまく取り組めず、悩みを抱えている現場のニーズにぴったりと合致したことが、凄い人気を獲得した要因となったのではないでしょうか。

まとめ

今回は、鴨頭嘉人さんの経歴と評判からを、人気の理由を紐解いていくというテーマで執筆してまいりました。


人気と認知度の高さからアンチから狙われやすく、偏見や間違った情報も多く見られます。


しかし、多くの人材育成に携わりながら素晴らしい実績を残してきた姿は共感でき、素直に受け入れて学んでいきたいと思いました。


人材育成に悩む日本の現場にとって、大きなヒントが得られる発信者であることは間違いありません。


実は、そんな鴨頭さんを目標としている講演家に、津田紘彰さんという方がいます。


なんとなく2人は似ていると感じたので、こちらの記事で詳細を解説しました。



2人の関係について興味がある方は、こちらも合わせて参考にしてください。


ちなみに、当記事を執筆した後ツイッターで発信したところ、鴨頭さんからフォローされました(*^^*)




私も自己啓発の情報発信をするものとして、鴨頭さんに負けないようブログ・ツイッターを見てくれた皆様に、有益な情報を提供できるよう努力してまいりますm(__)m


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


リバティでした(^^)

リバティの無料相談コーナー


ここまで記事を読み進めて頂いたという事は、あなたは自己啓発に興味を持っている、もしくは既に自己啓発に取り組まれているのではないでしょうか?


そんなあなたは成長意欲が高く、人一倍頑張っている証拠ですので、是非とも自信を持ってくださいね^^


でも、自己啓発に対しては一定数「怪しい」など、ネガティブな印象を持っている人がいるのも事実。


そのため、誰かに相談したくても嫌な顔をされるのを想像してしまい、遠慮しているのではないでしょうか?


過去の私も同じ経験をしているので、相談したくてもできない孤独は痛いほど理解できます。


巷では様々な情報があふれており、何が正しくて何が間違っているのかを判断する事が難しく、独学で挫折した人もいるはずです。


相談できずに迷子になっている人は、ぜひ私の無料相談コーナーを利用していただき、悩みを一緒に解決していきましょう!


一人で抱え込まずに、あなたの不安や悩みを私にぶつけてみてください。


全力でサポートしていきますので、諦めず一緒に取り組んでいきましょう(^^)


リバティリバティ

あなたからのご連絡を心待ちにしております。


リバティの無料メルマガ始動


リバティリバティ

ネットの情報を色々試しているけど、どうもしっくりこないと感じていませんか?


それもそのはず、ネットでの情報発信が身近になったとはいえ、多くの人の目に触れるとなると、書きたいけど書けない事が意外と多いのです。


そのため、一番重要な情報が抜け落ちてしまい、ノウハウの効果を得られなくて迷子になってしまうのです。


しかも、重要な情報ほど一部のコミュニティ内でしか知る事ができないため、チャンスを逃した人はいつまで経っても現状から抜け出せない悪循環に陥る事に。


そんな悩みを解決すべく、ブログやSNSでも書けない裏情報をシェアするコミュニティとして、無料メルマガ【学ぶ事で自由を作り出す Liberty】を始動します!


私が劣等感まみれで、自分に自信がなかった人生から抜け出したコツや、自分に合った自己啓発の取り組み方などを配信しますので、興味がある方はぜひ参加してください(*^^*)


現在準備中のためメールの配信は少し先になりますが、メルマガ限定企画や無料プレゼントもありますので、楽しみにお待ちください(^^)/


リバティのおすすめ!!


こちらでは、わたくしリバティが実際に購入して検証を繰り返していき、「自身でも満足のいく効果を実感できた教材だけ」を紹介しております。


自己啓発という分野の広大さに戸惑い、何を学べば良いのか分からず迷子になっている向けて、おすすめできると判断できた教材を詳細にレビューした記事を集めました。


初心者や挫折経験がある方でも、理想に向けて確実な一歩を踏み出せると感じた教材だけを、厳選して紹介しております。


人生を変える一歩を踏み出したいと真剣に考えている方は、ぜひチェックしてください(*^^*)