リバティリバティ

こんにちは!リバティです


今回は、自己啓発とは何かを正しく知って頂くために、その具体例と考え方について解説していきます。



自己啓発と聞くと、”怪しい”と感じられる方もいられると思いますが、個人での取り組みだけではなく、近年では、企業が積極的に導入してきている事をあなたはご存じでしたか?



この記事では、自己啓発の目的と、個人と企業の取り組み具体例や考え方を知っていただき、正しく理解できるように解説していきますので、ぜひ最後までご覧くださいませ。



それでは、いってみましょう!

自己啓発とは何か?

リバティリバティ

突然ですが、あなたは「自己啓発とは何か?」と聞かれて明確に答えられますか?


恥ずかしい話ですが、過去の私は深く理解しておらず、なんとなく「成長するためのもの」「目標達成のためのもの」というような漠然としたイメージのまま取り組んでいました。



そのため、過去を振り返ってみると、望んでいたような結果に繋がらない事が多かったと感じました。



リバティリバティ

あなたは、どうですか?


ウィキペディアで言葉の意味を調べると、以下のように書かれています。

自己啓発(じこけいはつ)とは、自己を人間としてより高い段階へ上昇させようとする行為である。
「より高い能力」「より大きい成功」「より充実した生き方」「より優れた人格」などの獲得を目指す。


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%95%93%E7%99%BA



簡単にまとめると「能力や精神的な成長を目指し、実現のために行動をすること」です。



社会で生きていくうえで、人として成長していく事は必要不可欠な事なので、あなたも無意識に何かしらの自己啓発を取り入れられていると思います。



では、より深く理解するために、個人と企業の取り組みの具体例を見てみましょう。

個人の自己啓発取り組み具体例

それでは、個人で取り組める自己啓発の具体例を見てみましょう。


・読書
・瞑想
・運動
・教材(情報商材)を利用した勉強
・セミナーや交流会への参加
・コーチングやコンサルティングを受ける
・コミュニティに参加する



どうでしょうか?
身近なものも含まれていることが分かると思います。



他にも様々ありますが、読書、瞑想、運動等は取り組みやすいため、実際に取り組んでいられる方も多いのではないでしょうか。



しかし、どの取り組みにおいても、やらなければいけないという緊急性が低く、「やろう」という自分の意思がなければ行動できない内容ですので、積極的に取り組んでいる人は、高い目標を持っている、成長意欲が高い人達であることがうかがえます。



自己啓発に自ら取り組む人達は、変化し成長する事で、人生を豊かに送りたいという目的を持っており、特別な考えを持っているわけではないという事をご理解頂けるのではないでしょうか。



多くの人が後回しにしがちですが、今より変化し、成長していくためには欠かせない取り組みですので、できる事から少しずつ取り組んでいきましょう。



取り組むものによって、費やす時間やお金、難易度、メリットとデメリットも変わってきますので、あなたの生活に合う取り組みを選んでください。



各項目の取り組み詳細、メリットとデメリットについては本記事の趣旨とずれてしまうため、別記事にまとめたいと思います。

企業の自己啓発取り組み具体例

それでは、企業の自己啓発の取り組みはどういったものがあるでしょうか?



株式会社日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)のホームページに、各企業が取り組んでいる社員教育の一環に、自己啓発を取り入れてる企業がいくつか紹介されています。


リバティリバティ

ちなみに、株式会社日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)がどのような会社かと言うと。


1、企業に人材育成のコンサルティングや、教育サービスを提供する「人材育成支援事業」
2、能率手帳などの手帳、カレンダーを企画、製造、販売する「手帳・カレンダー事業」
3、マンガでやさしくわかるシリーズやビジネス書などの「書籍出版・販売事業」


の3つの事業から成り立つ人材教育を支援する会社です。



引用元:https://www.jmam.co.jp/?_ga=2.246821761.445476764.1580131859-1028287262.1577372556



株式会社日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)に紹介されていた、具体的な会社名を一部挙げると、


1、株式会社ファミリーマート

引用元:https://shrm.jp/case/case_012.html




2、カルビー株式会社

引用元:https://shrm.jp/case/case_021.html




3、株式会社マツモトキヨシホールディングス

引用元:https://shrm.jp/case/case_022.html



などが紹介されていました。


リバティリバティ

これらの企業は業界の中でも大手ですので、身近に感じられる存在ではないでしょうか。




各企業が自己啓発を教育の一環として取り入れる理由としては、


・失敗を恐れることなく自らチャレンジ、学ぶ人を支援する
・変化の時代における経営を担う人材を育成する
・結果とライフワークバランスの両立を目指していく



という各企業の経営戦略の要素が見受けられます。



この他にも、世界的な企業であるGoogleが、マインドフルネスや瞑想のプログラムを社員のパフォーマンス向上に取り入れたりと様々な事例が確認できます。



個人の取り組みと同じく、今より変化し成長することで、より豊かな生活を送る事が目的である、ということを理解していただけたかと思います。

まとめ

今回は、自己啓発の意味と取り組む目的、個人と企業の具体的な取り組みと考え方を取り上げてみましたが、いかがでしたでしょうか?



自己啓発には、「洗脳」や「怪しい」等のイメージが先行してしまいがちですが、当記事を読んで頂いた事で、偏ったイメージであることが分かっていただけたのではないでしょうか。



自己啓発の目的は「今より変化、成長する事で豊かになる」ですので、ぜひ、あなたも積極的に取り組んで頂けたらと思います。



もちろん、世の中には洗脳をしてきたり、詐欺を働く人達がいるのも事実ですので、信頼できる情報を選べるよう、常にアンテナを張っていきましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
リバティでした(^^)

リバティの無料相談コーナー


ここまで記事を読み進めて頂いたという事は、あなたは自己啓発に興味を持っている、もしくは自己啓発に取り組まれているのではないでしょうか?



成長したいという気持ちは自然であり、人として当然の欲求です。



しかし、中にはあなたの大切なお金を狙い、言葉巧みに誘導する人達がいます。



また、様々な情報があふれていて、何が正しくて何が間違っているのかを判断する事が難しいと感じられているのではないでしょうか。



もちろん最適な環境は、お金優先の人達が減り、正しい情報を手に入れられる環境が整う事だと私も考えていますが、さらにその上の考え方として、 正しい情報を自分で選べるようになる事が一番だと私は考えています。



もし今あなたが、自己啓発に興味はあるが何から手を付けていいかわからない、もしくは自己啓発を実践中だが、思うように結果が出ないというのでしたら、連絡して頂ければ具体的にアドバイスさせて頂きますので、一人で考えこまずにあなたの不安や悩みを私にぶつけてみてください。



巷の間違った情報に惑わされず、正しい知識を習得して自己啓発に取り組む事があなた成長につながっていきますので、諦めず一緒に取り組んでいきましょう(^^)。


リバティリバティ

あなたからのご連絡を心待ちにしております。