リバティリバティ

こんにちは!リバティです。




今回は、「なぜ自己啓発には洗脳や怪しいイメージが定着してしまったのか」について取り上げていきたいと思います。



世間では自己啓発にネガティブなイメージを持つ人が多くいますが、何が原因でそのような状況になってしまったのでしょうか?



ネットで調べてみても、


・洗脳され借金を背負ってしまった
・セミナーに参加したらマルチ商法の集客イベントだった
・講師から購入した教材に内容はなく大金を失ってしまった



などのネガティブな情報が見られます。



そこで今回は、「ネガティブなイメージが定着したいきさつや、実際に起きた実例」をリサーチしましたので、自己啓発に興味はあるけれども不安を感じている方は、ぜひ当記事を参考にしてください。



それでは、いってみましょう!

ビジネスで悪用され怪しいイメージが定着

自己啓発とは「自らの能力の向上や精神面での成長」を目的としたものですが、起源は欧米で始まった心のトレーニングであるとされています。



この心のトレーニングの内容については、坂口孝則さん(調達・購買業務コンサルタント、講演家)が東洋経済オンラインにて執筆された、下記リンクの記事をご紹介させて頂きますので、こちらをご覧ください。




引用元:坂口孝則さん「デキない人を狙う自己啓発セミナーの正体」


坂口孝則さんの記事では、アメリカの心理学者クルト・レヴィンが行った、「Tグループ」という心のトレーニングを解説しています。



「Tグループ」は心のトレーニングを行い、結果を研究、解明する事で、個人と集団を望ましい方向へ導く事ができるのかを検証するために行われたものでした。



この時点では、研究が目的でありビジネスの意味合いはありませんでしたが、「閉鎖的な環境で感情を大きく動かされる」「短期間で自己変革が可能」と言う部分が後に、良い意味でも悪い意味でもビジネスに応用されていきました。






閉鎖的な環境と大きな感情の動きは、精神状態を不安定にしやすいため、人を誘導する事で簡単にお金を稼ごうと考える人達には、絶好のシチュエーションとなったようです。



リバティリバティ

このことが、自己啓発は「怪しいもの」というイメージを確立させた要因になっています。

有名人の自己啓発セミナーでの洗脳実例

日本でもこの流れは変わらず、洗脳のような形でビジネスに悪用された部分が強調され、ネガティブなイメージが定着してしまいました。



特に有名なのは、X JAPANのToshIさんが自己啓発セミナーに12年間も洗脳され、10億以上ともいわれる財産を失うという実例があります。




引用元:https://www.oricon.co.jp/news/72549/photo/1/



実際にToshIさんが参加をしたセミナーでも、「閉鎖的な環境で感情を大きく動かされる」事が行われ、徐々に考え方が変わっていったようです。



当時、私生活やバンド活動で様々な悩みを抱え、心身ともに疲弊していたToshIさんは、セミナーを抜ける事よりも、バンドを脱退しセミナーに参加し続ける事を選択しました。



12年という歳月が経ちましたが、ToshIさん本人がセミナーに対して矛盾と違和感を抱く出来事が起きた事と、X JAPANの再結成の話が動き出した事がきっかけで、セミナーを脱退しました。



ToshIさんの実例からは、騙されたりハマったりする人は、悩みや不安を深めて孤立する状況にある人なら、誰でも当てはまる可能性があるということがうかがえます。


リバティリバティ

この他にも自己啓発が悪用されたという被害の情報で、ネガティブなイメージが定着してしまう事となりました。

怪しい自己啓発に騙されないために

このように、ネガティブなイメージが定着してしまった自己啓発ですが、本来の目的は、「自らの意思で能力や精神的な成長を目指し、実現のために行動をすること」です。


リバティリバティ

他人に強要されたり、人格や考え方を一方的に否定されて取り組む事ではありません!




確かに、自分を成長させるためには、今までの考え方を変え、新しい価値観を受け入れる必要が出てきますが、その選択肢は相手ではなく「あなた」にあります。



騙されないためには、あなた自身が自分の目指すものや求めている幸せを、しっかりと「自己認識」していく必要があります。



そのためには、まず心の平穏を保つ術を身につけ、悩みや不安を深めて孤立する状況を作らない事が大切になっていきます。



正しく「自己認識」をし、心の弱みを握られて騙されてしまわないように学び、自己啓発に取り組んでいきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?



今回は、「ネガティブなイメージが定着してしまったいきさつや実例」について取り上げました。



当記事で紹介した、坂口孝則さんの記事で解説されている「Tグループ」も、本来は「個人と集団を望ましい方向へ導く事」を目的として始まりました。



しかし、一部分が悪用されて一人歩きしてしまい、結果的に人を不幸にしてしまっている現状は私も残念です。



当記事を読んで頂いているあなたには、自己啓発が人生を豊かにしていくための手段となるように願っています。


リバティリバティ

私も、あなたの自己啓発に正しく役立てるブログ運営を心掛けてまいります。




最後までご覧いただき、ありがとうございました!
リバティでした(^^)

リバティの無料相談コーナー


ここまで記事を読み進めて頂いたという事は、あなたは自己啓発に興味を持っている、もしくは自己啓発に取り組まれているのではないでしょうか?



成長したいという気持ちは自然であり、人として当然の欲求です。



しかし、中にはあなたの大切なお金を狙い、言葉巧みに誘導する人達がいます。



また、様々な情報があふれていて、何が正しくて何が間違っているのかを判断する事が難しいと感じられているのではないでしょうか。



もちろん最適な環境は、お金優先の人達が減り、正しい情報を手に入れられる環境が整う事だと私も考えていますが、さらにその上の考え方として、 正しい情報を自分で選べるようになる事が一番だと私は考えています。



もし今あなたが、自己啓発に興味はあるが何から手を付けていいかわからない、もしくは自己啓発を実践中だが、思うように結果が出ないというのでしたら、連絡して頂ければ具体的にアドバイスさせて頂きますので、一人で考えこまずにあなたの不安や悩みを私にぶつけてみてください。



巷の間違った情報に惑わされず、正しい知識を習得して自己啓発に取り組む事があなた成長につながっていきますので、諦めず一緒に取り組んでいきましょう(^^)。


リバティリバティ

あなたからのご連絡を心待ちにしております。